FC2ブログ

    木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    色の確認。
    角のエイジング具合。

    一部だけ加工してみましたがこんな感じでどうでしょう?




    IMG_20181109_152157.jpg




    IMG_20181109_152224.jpg




    IMG_20181109_152253.jpg
    スポンサーサイト
    色の確認。
    下の写真が一番実際の色味に近いと思います。

    室内で撮った写真です。





    下の写真は室内で蛍光灯の下で撮った写真です。

    IMG_20181024_103316.jpg


    こちらも室内です。

    IMG_20181024_103342.jpg


    これは屋外で太陽が当たったところで撮った写真です。

    IMG_20181024_103411.jpg
    調色。
    色合わせに、手こずっています。

    コンゾランはピンクと藍色が出ない。


    新しい試み。
    新しい表現方法を模索しています。

    自分で見つけるしかないので、色々と試行錯誤中。


    ゴールド。
    油性のゴールド。

    油性を自宅で塗るのはちょっと臭いので

    工房で塗っています。

    ギラギラ感少なめの落ち着いたゴールドです。





    IMG_20180225_142555.jpg




    IMG_20180225_142619.jpg
    色の確認。


    IMGP3928.jpg

    IMGP3936.jpg

    IMGP3938.jpg
    オスモ クリアプラス。
    屋外で使用できるクリア塗料、オスモクリアプラス。

    木材保護塗料の大革命らしいのですが。

    果たして性能はいかに。

    実験します。



    色について。
    只今こんな感じで制作進んでおります。




    urita6.jpg
    urita9.jpg
    urita10.jpg
    urita11.jpg
    色味。
    色のサンプルを塗ってみました。

    一番上の写真は屋外の日光が当たっている場所で撮影。

    2番目は屋外の日影。

    3番目は室内で撮影。

    昨日から色々と考えていたのですが、

    ペンキの場合普通は木目がほぼ消えますが、塗った後に

    ふき取ると、硬い部分の木目が出てきます。

    この方法が乾燥も早く、色も調整しやすいのでお勧めです。

    如何でしょうか?




    IMGP7533.jpg
    IMGP7535.jpg
    色。
    色ってかなり重要だと思います。

    同じ彫り方デザインでも色が違うとガラリと印象が変わります。

    細かい所ですが、少しだけ色の変更をします。

    せっかく作る看板、こだわりを持って制作させて頂いております。


    Designed by aykm.