木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    練習と実験と研究
    イベントに持っていく用に、切り文字を作ってます。

    糸ノコのいい練習になります。

    目標は、「海岸に流れ着いた文字」

    流木のような切り文字ですね。

    ただ、板を切るだけでは面白くないので風合いが出るように

    色々と実験&研究をしています。

    実際に流木を切ってみたら、そこそこいい雰囲気がでたんですが

    もうひと手間加えたいと思います。

    そのうち、この文字を使って新しいタイプの看板が作れたらいいなと妄想中。


    こういうことやってる時って楽しいんですよ~。


    スポンサーサイト
    今日はよくしゃべくりました。
    日頃、工房で黙々と仕事をしている僕としては

    今日は普段の一か月分ぐらいしゃべりました。

    午前中は、久留米のお客様の所へ看板を持って行き打ち合わせをして

    お昼に久留米のだるまへお好み焼きを食べに行って、バイクの話で

    盛り上がり、意外な共通の知り合いがいてびっくりして

    そのあと、ノムケンさんところへお邪魔してそこでまた

    あれやこれやと盛り上がり、ノムケンさんとはホントに同じような

    ことを考えたり、やったりしてますよね。

    そのあと、カーテン専門店のなかやさんが工房へ打ち合わせに

    こられ、「幸せってなんだろう」みたいな話までさせていただいて。


    いや~今日はよくしゃべくりました。


    また明日から仕事がんばろうっと。


    ロゴスタさん。
    今日の写真は、ドッグサロンKUUさんです。

    うちの工房で作る木製看板のデザインは、すべて僕がやっていると思ってる

    方も多いと思いますが、そんなことはできましぇん。

    半分ぐらいはお客様がこれでお願いしますとデザインを送っていただいたり、

    すでにロゴやデザインを持っている方です。

    ですので、ほんとにいろんなタイプの看板を製作させていただいています。

    ここだけの話、お客さんからアイデアをもらう事もけっこうあるんですよ・・・。

    そんなに引き出し持ってないですから・・・。


    そんな中、KUUさんの看板を作らせてもらったのがきっかけで、お知り合い

    になったのがロゴスタさんです。

    ロゴスタさんがデザインして、それで木製看板を作る。

    やっぱりプロは違いますね。こんなデザインできません。

    とにかく、仕事に対しての本気さがいろんなところににじみ出てます。

    デザインの修正が何回でも0円なんです。

    他には、ヒアリングシートというのがあって、質問やお客さんの好みを

    聞くものなんですが、これがまた質問事項がやたらと多い。

    大体の要望を聞いて、チャチャっとデザインして、はいおしまいという

    ことはありえないですし、ホームページもタグを自分で打ってつくって

    るそうです。スゲー!!尊敬します!!

    自分のイメージ通りの本物のロゴが欲しい方はおススメです。

    それと、最近始められた「これから起業・独立する人の為のブログ」には

    開業してる人でも参考になる記事が沢山あって、ブックマーク率がやたらと高いです。

    お住まいは阿蘇だそうで、一度遊びに行きたいなと思っています。


    我が道を行く。
    今日はマジで寒かったですね。

    つい、長いズボンをはいてしまいました。


    午前中に大川から友達が遊びにきました。

    学生時代の友人で、鉄骨加工関係の社長をしています。


    ちょいちょい遊びに来て話をするんですが、

    僕のやっている仕事がなかなか理解できないようです。

    周りにこんな職業の人はいないし、看板だけでやっていけるのかと

    心配もしてくれてるようで、色々とお仕事を

    持ってきてくれようとします。ありがとう。


    でも、やって行けるんです。というか、やっていくんです。

    やっていてとても楽しいし、やりがいがあります。

    十年後、二十年後にどんな看板が作れるようになっているのか

    今からほんとに楽しみです。


    護国神社の蚤の市。
    今日は楽しみにしていた護国神社の蚤の市へ。

    いい天気で暑くもなく寒くもなくホント良い季節になりました。

    ノムケンさんとこにも行きましたが、お客さんの多さになかなか

    長話しする事も出来ずに、ちょっと残念です。

    また都合が合えばお伺いしますね。




    子供たちをヨメさんが見てくれている間、もうひとつの目的として

    看板のアイデア探しをしていました。

    イベントの展示用にこのハシゴみたいなものを作ってみようかと

    デザインをネリネリ中。

    あ~おもしろかった。またいこ~っと。
    IMGP7261-1_convert_20100926214458.jpg
    もういっちょ。
    先日のリーフレット入れに続いて牛乳箱のような入れもん作りました。

    あまったコンパネで作ったのでサイズはテキトーで

    ポストカードが入るかなと思って入れてみたけど無理でした。

    鉛筆立てぐらいにはなりそうかな。


    けっこうちっちゃいです。


    文字を入れるタイミングが早すぎて、薄くなりすぎてしまいました。

    何事も順番があるようです。


    今度、エイジングのワークショップに参加できる事になったので

    色々と教えてもらえたらいいなーと楽しみにしております。



    思い出がひとつふえました。
    次男が描いた家族の絵の表札完成っす。

    ツルンコロンとしたかわいい表札に仕上がりました。



    家に持って帰って壁に掛けておいたら次男が、ことあるごとに

    「オレがかいたとばい。」と報告にきて、ときどきじーっと

    表札を見つめています。

    大人になっても覚えていてくれたらいいなと思いました。

    横で長男が、ポケモンの絵を一生懸命書いているのがオモシロかったです。

    おまえのもつくってやるよ~。

    IMGP7211_convert_20100924214037.jpg




    相棒。
    うちの相棒を紹介します。

    マキタの「仕上げサンダー」またの名を「オービタルサンダー」と言います。

    マキタにはオービタルサンダーというのと仕上げサンダーというのがあって

    同じような感じで、どう違うのかわかりませんがうちのは仕上げサンダーらしいです。

    下の面にサンドペーパーをクリップのようなもので固定して

    木を磨くという機械です。

    これを初めて使ったのは15年ほど前になると思いますが、仕上がりの速さとなめらかさ

    に感動したのを覚えています。これを使ったら手でペーパーがけなんて考えられません。

    これで仕上げた表面はツルッつるで触ってて気持ちいいです。

    木の表面をきれいにするのに使いますが、角を丸くするのにも使います。

    よく使うのでこれまでに3台壊してます。これがなくてはうちの看板はできません。

    まだまだ相棒は沢山いますのでそのうち紹介します。


    本来は・・・。
    ウッドサインショップでは、おかげさまで北海道から沖縄まで

    全国に木製看板を発送させていただいています。

    看板屋さんとして、本来ならば取り付けまでするのがお仕事だと思います。

    近くのお客様はもちろん取り付けまでお伺いしますが、北海道までは

    なかなか行くことができません。(個人的には行きたいですけどね)

    看板代よりも交通費のほうが高くなってしまいます・・・。

    なのでせめて、取り付けに関してのアドバイスや金具やねじなどは

    こちらでできるだけ用意させていただいています。

    ↓の看板は最近完成したものですがアルミのフェンスに取り付けを

    ご提案させていただきました。





    お客様から取りつけイメージのお写真を送っていただきました。

    2_convert_20100922213548.jpg



    ↓の写真はステンレスのL型金具と、ドリルねじと、木の板です。

    IMGP7177_convert_20100922213419.jpg

    ドリルねじとは、金属に直接ねじ込む事が出来るネジで、

    ネジの先が金属に穴を開けるためのドリルになっていて、下穴が不要です。

    ただ、電動のドリルかインパクトドライバーが必要になり、手回しのドライバーでは

    ちょっと無理のようです。

    木の板は何に使うかと言うと、看板を設置する時にブロックの上に直接トンっと柱をのせると、

    次第にそこから水分が上がってきて、柱が腐ることになるので

    設置する時に柱の下に敷いてもらって取り付けをして、しっかりと固定できたら

    その板を抜けばちょっと浮いた形になると思います。

    ちょっと浮くだけで、柱の耐久性がぐんと上がると思います。


    今回は、電動のドリルやインパクトドライバーが必要ですが

    出来るだけどこにでもあるような道具で取り付けできるようにと考えとります。
    パソコンは半日。
    今日は、デザインやカッティングシートを切る作業などで

    パソコン仕事でした。

    デザインの時はイラストレーターを使って絵を描きますが、

    長年おてんとさんの下で仕事をしてきた体は、なかなかデスクワークに

    慣れてくれません。


    話は変わりますが、毎年夏になると日焼けで腕の皮が2~3回ぺりぺりと

    むけてたんですが、今年は一度もムケませんでした。おかげで軟弱な体になりました。


    話戻ります。とくに目がついてきてくれません。

    イラストレーターでトレースなんかしてると、横にちゃぶ台があれば

    雄叫びを上げながらひっくり返したくなるほど疲れます。

    目が疲れると、焦点が合わなくなってきて、工房にいって仕事をしようとしても

    さしがねの目盛りすら読めない状態になっています。

    なんで、午前中に工房で仕事をして午後からパソコン仕事をするようにしてます。



    Designed by aykm.