木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    今日は屋根張り。

    IMGP2296-1_convert_20111031195800.jpg

    今日は屋根のスレートを張りました。

    重いんです。スレート。

    幸いフォークリフトを持っているので、それで途中まで上げてそこから屋根の上に

    乗せるという感じでどうにか屋根を張り終える事が出来ました。

    屋根ができると、すっかり出来上がったように感じてさらにワクワクしてきますね~。

    木製看板のお仕事もしつつ、明日は壁作りに取り掛かろうかと段取りをしています。

    大工仕事楽しいです!!



    スポンサーサイト
    縁市。
    あいにくの雨でしたが、久しぶりのイベントやっぱり楽しかったです。



    思いのほか盛況だったワークショップ。

    ホントに子供たちは真剣に黙々と作ってました。こういうの、いいもんですね。

    IMGP2288_convert_20111030223142.jpg

    さんちゃんの娘ちゃん、かわいいおうちつくってました。

    ここの姉妹はきっと美人さんになります。さんちゃん心配だろうな~

    IMGP2284_convert_20111030223716.jpg

    お隣でご一緒だったmauちゃん、子供達が大変お世話になりました。

    4つも苔だまをつくってました。テーブルに早速飾ってますよ。

    IMGP2285-2_convert_20111030223246.jpg

    朝倉と久留米にお住まいの下ネタコンビ。下ネタの時の声でかすぎ!!

    近くでリラクゼーションマッサージしていた人、残念ながらリラックスできてないと思います。

    IMGP2289-1_convert_20111030223325.jpg

    最後はロゴスタの古庄さん。

    やっぱイケメンでしたね。

    やっと直接お会いできて、色々とご相談&お話させて頂いてちょびっとは前進できたかな?

    という感じです。

    またいろいろと相談に乗ってくださいね。


    最後の最後に主催者の皆さまスタッフの皆さま雨の中、ホントにお疲れさまでした。
    惰性を断ち切る一番の方法。
    引用ですが、なるほどです。

    なんかひっかかった言葉なので残しておきたいと思います。




    「惰性を断ち切る一番の方法。」

    人はわがままなもので、どんな新しいことでも
    すぐに慣れてきます。

    一生懸命やっているつもりでも、いつの間にか
    惰性に陥ってしまいがちの経験もおありのはず。

    ついつい怠けそうな自分を律していくにはどうすれば
    よいか。

    「変化を求め続けること」だと思います。

    それが最も分りやすいのが掃除です。

    掃除をすると、それまで汚れていたところがきれいになり、
    すぐに変化が確認できます。

    変化が確認できると、次に成すべきことが見えてくるのです。

    人生でも仕事でも学習でも、一つの微差、あるいは二つの微差を
    いつも追求し続けることです。

    ほんの僅かな変化でもいいと思ったら、それに取り組んでいく。

    そうして長い年月を積重ねていくと、大きな力となってくる。

    漫然と仕事をし、現状維持にとどまっても、懸命に
    働き、一日一日を鮮烈に生きても月日が過ぎる早さは同じです。

    しかし、後に振り返ってみて「変化を求め続けること」によって
    得られるものの大きさは歴然とした差があるのは
    言うまでもありません。


    メッキ釣りへ。

    04_convert_20111028231552.jpg
    02_convert_20111028231526.jpg

    今日はNさんと延岡までメッキ釣りに行ってきました。

    雨も降ったりやんだり風も強く波も荒く、けっこうな悪条件の中ボチボチ釣れました。

    初めてのメッキ釣りでしたが、面白かったですね。

    なんとハゼまでもルアーに飛びついて、水があまりにも透き通っているので

    食いつくとこがはっきりと見えました。

    ハゼのほかに、セイゴ、コトヒキ、エソが釣れて五目釣りになりました。

    メッキのサイズがもう少し大きかったらよかったんですが、今回は釣れた事だけで

    満足です。

    延岡最高!!

    また行きたい!!

    今日もついつい。


    大工をやってた頃から高いところは割と平気です。

    今日は材料を買いに行ったり、包丁を買いに行ったり、スレートをひっぱり出したりと

    段取りの日でした。

    お仕事もしないといけませんが、やりはじめたら止まりません。

    誰か止めてくれ~!!
    ついつい。

    IMGP2248-1_convert_20111026211836.jpg

    実際に形になりだしたらおもしろくってついつい今日も大工さんでした。

    垂木をかけて桟を途中までつけて今日は終了しました。

    早く壁をつけないと屋根を歩くとけっこうグラグラします。

    スレートを屋根に乗せる予定なんだけど大丈夫かな?

    脚立の上り下りで今日はクタクタです。

    今日は大工さんを。

    IMGP2235_convert_20111025191737.jpg
    今日は一日中大工さんでした。

    久しぶりに切り込みをして面白かったです。

    でも、なんだかいろいろと勘所を忘れてますね。

    100切りを間違えてるし、脚立を数回登り降りしたら太ももが悲鳴をあげてるし

    情けないです。

    でも、近所のおじさんに手伝ってもらって今日はここまで出来ました。

    ここまで形になると、ワクワクします。

    ここにこれを置いてとか、この辺に窓を作ってとか、小一時間妄想してました。


    今回の増築は、本格的にやります。

    木工の部屋とサンドブラストの部屋、事務所兼ギャラリーと3つ部屋を作り、

    ひさし(この辺では「げや」といいます)を4メートルほど出す予定です。


    これも次のステージに上がるためには必要な事だと思っています。





    彫り込みの深さ。

    今日は技術的な話です。

    サンドブラストをするときの彫り込みの深さはどうやって決めてるのかという

    質問をたまにうけます。


    ズバリ!!目で見て調整しているだけです。


    一点をず~っとブラストしているとどんどん深く彫れていくので、小刻みにノズルの先を

    動かしながら深さにデコボコが出来ないようにブラストしていきます。

    でも、同じ物は一枚もない木ですので、固いところ柔らかい所あるし、木目次第では

    彫りにくいところもあったりで、なかなか全体を同じ深さにすることは難しいんです。


    木のサンドブラストをずっとやっててわかって来たんですが、いきなり深く

    彫ろうとしてもなかなか彫れません。

    何度かに分けてだんだん深くしていくと早く彫れます。

    なぜだかわかりませんが、実際そうなんです。


    何でもやってみないとわからない事が沢山ありますね。

    何事も挑戦、挑戦。









    針金で浮かせる文字。

    IMGP6653_convert_20111023205105.jpg
    IMGP6659_convert_20111023205248.jpg
    IMGP6662_convert_20111023205154.jpg

    針金で浮かせる文字の木製看板のお問い合わせを頂きましたので、

    わかりやすいような写真を紹介します。

    「タヒチアンダンス フラダンススクール」と、「Since2008」の切り文字は

    看板の板に直接張り付けてボンドで接着の後にネジ止めしています。

    細かい事ですが、ネジの頭はパテ埋めしてその上から色をぬっていますので

    全然わかりません。

    浮かせる文字を同じ面でぴったり合わせるのがチョ~難しかったです。


    それではご検討よろしくお願いいたします。

    引き出しつき表札。

    IMGP2220-1_convert_20111022203730.jpg

    引き出しというか、一輪ざしを置けるように台を作り、その花瓶が倒れないように

    手すりのような立ち上がりの壁をつけたら、ぱっと見引出しのようになってしまいました。

    色々と発展していけそうなデザインです。楽しみ^^

    またお客様にアイデアを頂きました。


    色塗りも完成して、乾燥中。


    どんな感じでディスプレイされるのかとても楽しみです。

    おうちの絵は、実際に新築されたおうちと同じデザインです。

    まさに世界に一つだけのオリジナル表札。

    気にいってもらえるかな~。

    Designed by aykm.