木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    格子に取り付け。
    本橋様 丸表札
    IMGP7222.jpg
    IMGP7223.jpg

    玄関サッシの格子に表札を取り付けという事で、色々と考えました。

    裏はすぐガラスで手が入りませんので、図のように引っ掛ける形での

    取り付けをご提案しました。

    サイズは直径18センチの円形。

    軽いのでこれでも問題ないと思います。

    下の写真の黒いステー金具を浮かせてから引っ掛けてください。

    ガタガタしない程度にネジを調整していただければと思います。

    スポンサーサイト
    古材風。
    板目の板に適当にマスキングを張りつけて、サンドブラストしてみました。

    うちの工房で製作できるのはこんな感じですがいかがでしょうか?

    バーンウッド風になってると思います。



    IMGP7211.jpg
    白菜の花の味。
    今日、白菜の花?つぼみ?を食べてみました。

    もはや白菜ではなくて、完全に菜の花の味でしたよ。

    さすが同じアブラナの種類。

    美味しかったです。


    ふと、周りの葉っぱは何の味がするんだろうという疑問が湧いてきました・・・。

    今度、食べてみます。




    吊り下げの木製看板。
    こんな感じで出来上がっております。

    後は色塗り。

    今日は気温はそこまで上がってないようですが、なんか春の陽気でしたね。

    嬉しくなってきます。



    白菜のつぼみ。
    収穫したはずの白菜から、また葉っぱが伸びてきて小さい花が出来てました。

    これ、たぶん美味しいと思います。

    収穫の時は根っこ残しておくべきですね~。



    ミニ表札。
    10センチ角のかわいい木製表札です~。



    水を吸わせる。
    毎回、木製看板を作るときの工程で必ずやっているのが

    サンディングをした後に、ぬれたタオルでふくという事です。

    そうすることで、細かい傷やサンディングの跡などが浮き出してきて

    これを2回ほどやると、ツルツル綺麗な面が仕上がりますよ。


    とある木工屋さんから教えて頂きました~。




    ほりほり・・・。
    今製作している木製看板は、吊り下げ型なんですが

    看板部分はスタンダードタイプでの製作です。

    いつもは、吊り下げ部分を看板と固定してからサンドブラストしますが

    今回は、スタンダードタイプという事で別々に作っています。

    サンドブラストまでしてから吊り下げ部分と固定します。

    なぜかというと、ただ単にルーターの作業が出来ないから。


    ただ、別々に作ってしまうと、吊り下げブラケットと看板を固定する時に

    水平、直角に取り付けるのがなかなか難しいんです。


    じっくり時間をかけて丁寧にやりたいと思ってます。





    ん~。
    どうしたもんか、fc2の画像縮小が出来ないんです。

    一昨日まで普通にできてたんですけどね。

    こまったな~。



    写真が・・・。
    何かの不具合でしょうか、写真の縮小が出来ないので

    2年ほど前の写真です。

    糸島に納品に行った時の写真だと思います。

    たった2年ですが、二人とも大きくなったな~。

    もう少し暖かくなったら子供を連れて釣りに行こうっと。


    Designed by aykm.