木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    新しい発見。
    今までルーターで深く彫れば彫るほどいいと思っていたスタンダードタイプ。

    浅く彫るのもいい感じに仕上がるということを発見しました。

    とあるお客様からのご要望で、掘り下げるのを5ミリでお願いしますという

    事でしたので、「5ミリくらいじゃあんまり意味ないじゃーん」と思ってたんですが

    やってみるとそんなことは全然なくって、程よく洗練された感じでいいんです。

    彫るのを2~3ミリでもいいかもしれません。

    お客様に言われなければまずやってないでしょう。

    お客様に教えて頂くことばかりです。感謝感謝。




    スポンサーサイト
    看板の大きさについて。
    こちらの木製看板、1メートル四方の正方形です。重さ13キロ。

    横幅はもっと大きくても大丈夫ですが、高さ的にはこのくらいまで

    がうちの工房では限界かなと思います。

    どーんと大きい看板が欲しい時には、いくつかに分割して制作するといいかもしれません。







    コグチ磨き。
    今日はこちらの看板?の木口を手作業でせっせと磨いてました。

    指紋がなくなり、爪が削れてます。

    磨きマシーンが欲しい・・・。


    いつもいつも。
    もう何個制作させていただいたでしょうか。

    毎度のことながらお待たせをいたしまして、申し訳ありませんが

    製作取り掛かっております。

    毎回毎回新しいアイデアをいただいて、制作するほうも楽しませてもらっています。

    出来上がり楽しみですね。


    スタンド看板ふたつ。
    サイズがほぼ同じのスタンド看板、こんな感じでできてます。

    あとは文字部分の色を塗ると完成になります~。


    最終日。
    夏休みも今日で終わり。

    明日からの学校の用意をした後、子供たちとゆっくり過ごしました。

    長いようで短かった夏休み。

    また明日からバリバリお仕事させていただきます。



    補強。
    スタンド看板の足とプランターを置く板をつなぐところに

    補強を入れてみました。

    これで少々荒く扱っても心配ないですね。


    からくりおもちゃの世界。
    今日は天神まで「からくりおもちゃ」見に行ってきました。

    いつになるかはわかりませんが、動く看板を作ってみたら面白いだろうなと

    ひそかに考えているんです。

    実際に動かすことができたので、動かせるものは全部動かしてきました。

    妙に生き物っぽい動きをするものもあって、こんな風に動かせるんだと

    なんかゾクゾクしましたね。

    ほんの些細なワンシーンを切り取るセンス、それを形にするアイデア、技術に感動です。

    からくりの世界も奥が深そうですね。



    もう一つのスタンド看板。
    昨日に引き続き、木製スタンド看板の紹介です。

    ただいまこんな感じでできています。

    下にプランターを置く台をつけて色を塗ると完成になります。


    IMGP8934.jpg
    IMGP8938.jpg
    スタンド看板。
    木製スタンド看板、二つ同時に作っています。

    ひとつはこちら。

    阿蘇のほうで、10月ごろにオープンされるカフェです。

    もう一つは明日紹介しますね。


    Designed by aykm.