木製看板専門の工房 Woodsignshop

    熊本県荒尾市にて夫婦二人で木製看板・木製表札をひとつひとつオーダーメイドで製作している小さな工房
    Dog comfort school JACK 様。
    すっかりお待たせをしておりますm(__)m

    dog comfort school JACK 様の吊り下げ看板です。

    スタンダードタイプでの制作ですが、通常は40ミリほどの厚さの板に彫り込みます。

    今回は両面仕様だったので、40ミリの厚さだとルーターで彫り下げてからの

    サンドブラストなので両面から彫っていくと貫通するかもしれないということで

    30ミリの厚さの中板に、20ミリほどの厚さで制作したものを両面に張り付ける形にしました。

    通常よりも厚みが出て、いい感じで出来上がっていますよ。

    今回は木製のブラケットで吊り下げますが、こちらも出来ていますので

    後は組み立てです。

    もう少しお待ちくださいね。


    クリンゲン4
    クリンゲン3
    アイアンブラケット。
    アイアンのブラケット、素晴らしいの一言です!

    上田さん!ありがとうございます!

    匠工房14-001
    匠工房11-001
    匠工房8-001
    匠工房7
    匠工房9-001
    痛恨!
    痛恨のミスでした。

    慌てるとロクなことがありません。

    ここ最近は吊り下げ看板というと、両面彫りでの制作が多かったので

    アイアンブラケットの向きをあまり気にせずに取り付けていました。

    そこへ、久しぶりの片面彫りの吊り下げ看板。

    右と左、逆に取りつけてしまいました。

    忙しくなってて慌ててたと思うんですが、完全に不注意です。

    看板の左側に取り付けのネジ穴を開けてしまっているので

    反対に付け直しても、ネジの穴が残ります。

    パテ埋めという手もありますが、それは許せません。

    逆の自分の方がお客様だったら、「作り直して」と言うでしょう。

    ご依頼いただいたお客様には、大変なご迷惑をおかけして

    作り直しをさせて頂きました。

    快く、お待ちいただいたお客様に感謝致します。

    こんな感じで出来上がっております。


    二度と間違わないように、間違えた看板は工房の目につくところに

    飾っておきます。


    remake2.jpg
    匠工房2
    匠工房12
    匠工房13
    ぞくぞくと。
    両面仕様の吊り下げ看板、出来上がりました!

    続々と、出来上がっています。

    3月いっぱいは休みなしですね。

    物語-001
    物語4
    木製ブラケット。
    久しぶりに木製ブラケットの吊り下げ看板を制作中です。

    色違い、デザイン違いで二つ制作する予定。




    アイアンブラケット。
    吊り下げのアイアンブラケットも出来上がり、

    着々と制作進んでおります。

    しかし、アイアンの完成度。

    素晴らしいの一言です。

    溶接もきれいだし、アールも美しいし、精度もバッチリ。

    驚くことに微調整無しで看板と固定できました。

    これは感動モノです!




    takuni2-001.jpg
    Assiette 様。
    お待たせをいたしております。

    後は色塗りとエイジングになります。


    assiette2.jpg
    assiette3.jpg
    assiette4.jpg
    Harubrand 様。
    アイアンで制作して吊り下げブラケットの中に、木の板をはめ込んでいます。

    最近このタイプの吊り下げタイプも人気があります(^o^)


    _S__7626760-001.jpg
    _S__7626763-001.jpg
    _S__7626761.jpg
    国立フィジオ研究所 様。
    お待たせいたしました。

    こんな感じで出来上がっています(^^)/


    IMGP7575.jpg
    IMGP7582.jpg
    IMGP7584.jpg
    IMGP7586.jpg
    申し訳ございません。
    木の板部分の横幅が30センチほどの小さめの吊り下げ表札。

    大変お待たせをいたしまして申し訳ありません。

    只今、制作に取り掛かっておりますので、もうしばらくお待ちくださいね。


    IMGP7397.jpg
    Designed by aykm.